大学生になってからの初彼氏〜初彼エピソード〜

オクテな私

私はかなり人見知りなのもあって、高校卒業しても彼氏がいた事はありませんでした。
そんなに見た目が悪い方でもないけれど、男子と話すことすらほぼない毎日だったので仕方ないと思っていました。本当は彼氏がいることへの憧れはありました。

でも、積極的に彼氏を作ろうと行動した事は一度もなかったし、もちろん男友達すら一人もいなかったのです。そんな私は、大学生になったら変わって彼氏作ろうと思っていました。

アルバイトを始めてからの変化

大学生になってからも、やはりなかなか大学では友人などへ積極的になれなくて最初、男友達もできませんでした。

そんな私が変わってきたのはファミレスのアルバイトを始めてからでした。あまりアルバイトの学生は続かない職場で、残る子は滅多にいないせいか残った私はみんなと仲良くなれ、仕事が思った以上に早く慣れたので褒められる事が多く、とても楽しくなってきました。

そんな楽しい気持ちで働いていたので、他のアルバイトの子や社員さんともいつもの自分とは違って積極的に仲良くなっていきました。

そんな中で、男性社員の一人と特に仲良くなって二人で飲みに行く事が増えたのです。そして、そんな自分が嬉しくて浮かれていたのでしょう。すぐに付き合うことになっていました。

軟派な初彼氏

彼は、私より5歳上で社会人でした。そんな年上の社会人の彼氏が出来て、何もかも初めてなので楽しくて仕方ありませんでした。

恋は盲目といった言葉が良く似合う状態でした。

周りの人から、彼は結構遊び人だよという声もきましたが、気になってませんでした。
しかし、確かに女性の扱いに慣れてるような気はしていました。

そして、ある時彼がお風呂に入ってる時に彼のケータイの電話が鳴り、そこに女性の名前があったのです。その後も、そういう事が度々ありました。

他人からの噂話

色々気になることがあっても初めての彼氏だから大切にしたくて他人の評判は信じないようにして付き合いをやめる気になれなかった私。

しかし、同じアルバイトをしてる子が、嫌な噂を聞いてきたのです。私は遊びで相手してて、本命の相手は別にいるというのです。

そんなの信じないつもりでしたが、ある時彼がその子といちゃついてるのをこの目でハッキリと目撃してしまったのです。

さすがにショックでした。初めて付き合った人を疑いたくないけど、明らかにもう終わったと感じました。

初の彼氏はクズ男

彼は、私が男慣れしてないのが分かってて上手く遊ばれた感じでした。

でも今思えば、私自身ちゃんと彼を見ていたというよりも初めて男性と付き合うことになったからかなり浮かれておかしくなっていたんだと思います。

彼氏が欲しいという気持ちが強過ぎて男を見る目がなかったと思っています。

良い経験だったと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする