ずっと片想いしていた幼馴染〜初彼エピソード〜

片思いの相手は幼馴染

私が初めて付き合った人は幼馴染でした。幼稚園からずっと仲が良くて一緒にいるのが当たり前のような関係でした。そのため、お互い言わなくても一緒にいれるような感じがしていて特にどちらかが告白するなどはなくてそのまま高校まで進学していきました。

彼は顔はかっこいいのですが、性格が少しだけ曲がっていて彼のことを好きな人と嫌いな人が分かれているような感じでした。しかし、本当はとても優しい人なのを私は知っていたのでその性格も全てひっくるめて好きでした。

私が同級生に告白された

私と彼が付き合うことになったきっかけは私が同級生に告白されたことがきっかけでした。
同じクラスの仲が良かった男の子に告白をされて、私は幼馴染の彼がずっと好きだったのでお断りをさせて頂きました。

そのことを幼馴染の彼が知ったみたいで連絡が来ました。私は彼のことを好きなのを彼は分かっていると思っていたのですが、彼は確信が出来なかったみたいでその時に告白をされました。

私も彼が私のことを好きなのかは確信ができていなかったので告白されて嬉しかったです。
それから私たちは幼馴染ではなくて、恋人同士になり、私は初めての彼氏ができました。

初めてのデートは水族館

恋人同士になって初めてのデートは水族館でした。家が近かったのでよくお互いの家を行き来していましたが、出かけることは小さい時以来なかったので少しだけ緊張しました。

恋人同士という風になったら変にお互い意識してしまってそれが可笑しくて笑ってしまうくらいでした。彼も私のことを大切にしてくれていることが分かって、嬉しかったです。

水族館にいるときにイルカのショーをみていたときに初めて手を繋ぎました。今までずっと一緒にいたのにこういった恋人同士のことをするのがとても緊張しました。また、私も彼も初めての恋人なのでどうしたらいいのか分からなくて探り探りな感じでした。

恋人同士になっても変わらない関係

それからも私たちは変わらない関係として過ごしていました。特に恋人同士になったからといって特別なことがあるわけではないですが、気持ち的には彼が私のことを好きなのだということが分かっているだけで嬉しくて、これからも一緒にいたいなと思いました。

今では彼が私の旦那さんです。私も彼もお互い以外の人が分からないので本当にずっとお互いを好きでいてここまで来ました。

でも、彼とはずっと一緒にいても飽きないし、楽しいのでこれからもずっと一緒にいられたらいいなと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする