ドキドキしたあの夏の思い出〜初彼エピソード〜

恋愛にはうとかった私が…

今まで恋愛にはうとかった私に、急に「彼氏」という存在ができました。それまであまり人を好きになったことはなかったけど、その人は何かが違いました。最初は数人で遊ぶ遊び仲間の一人で。まだあまり良く知らないのに私だけいつもからかわられてたし、いじめても来たので印象は良くなかったのに…。

そんな風にみんなでいつものように遊んでいると、友達が私に言いました。「どうやらA君(彼)あんたのこと好きみたいよ^^」。正直、いつもいい扱いをされていなかったのでにわかには信じられませんでした。でも、恋愛にうとい私はその言葉で急に彼を意識するようになり…。

彼からの告白

その後、私が彼のことを意識していることに気付かれたのでしょうか、どうも彼も様子がおかしくなって来て。みんなで遊んでてふと二人きりになった時、彼から「オレ、なんかお前のこと好きになっちゃったみたいなんだよね。もし良かったらオレたち付き合わね?」と言われ、私は激しく動揺してしましました。

正確に言うと、頭が真っ白になってしまい詳しくは何て言われたか覚えてませんが、確かこんなようなことは言われたような気がします。私はなんて答えたらいいのかわからずただただ無言で。すぐにでもOKしたかったのですが、とにかく言葉が何も出て来ませんでした。私が無言でうつむいていると、友達が戻って来てしまい返事は一旦保留になりました。

帰り道で勇気を出して

その後、動揺を隠しつつみんなで遊んだ帰り道、また彼と二人きりになりました。とにかく返事をしなければ、返事を、返事を、ということで頭がいっぱいだったので、その時彼と何を話していたのかよく覚えてません。

ただ、彼の表情が少し曇っていたような記憶があります。
もう少しで駅に着いてしまう、その時に意を決して「さっきの話だけど…、私で良かったらよろしくお願いします!」

そう伝えると彼の表情が一変し、「良かったぁ!もう友達としてもダメになるかと思ったぁ!!」と、いきなりのハグ。私はまた動揺してしまいましたが、どっと肩の荷が下りたような気がしました。

まさかこんな事になるなんて

最初のうちは順調、いわゆるラブラブでした。恋愛ってこんなに楽しいものなのか!と毎日が楽しくてしかたありませんでした。

まさかたった2週間後に急にフラれるなんて思ってもいませんでした。どうやら彼は「狙った女を落とす事に情熱を燃やす男」だったみたいで。何で友達も教えてくれなかったのかと今では思いますが、全て恋愛にうとく視野が狭かった自分のせい。あの時のドキドキを返せ!と言ってやりたいです。

その後、私が恋愛からますます遠ざかったのは言うまでもありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする