年上男性が彼氏だとLINEの頻度が少ない?

大好きな彼との時間であるLINE。

でも彼からの反応が鈍いのです。

嫌われたのかな?と不安に思う方も多いと思いますが、

嫌いになるだけじゃなくてちゃんと理由があるのです。

そもそもLINEが苦手・好きじゃない

もしかしたら、彼はLINEが苦手・好きじゃないのかもしれません。既読スルーや未読スルーなどの縛り、的なものを苦手に思っているのかもしれません。あなたも、既読スルーにしろ未読スルーにしろされているから不安なんですよね?そもそも彼の中では延々と終わらない既読スルー合戦に嫌になっているのかもしれませんね。

なんだかんだ言って、直接会ったり、電話したほうが楽だし嬉しいと思う彼も少なくないと思いますよ。

LINEという文化に慣れていない

年上がゆえにここ数年で伸びてきたLINEというツールに慣れていないのかもしれません。ちょっとまえまでガラケーだったりしたら余計に慣れないのは仕方のないことかもしれません。

彼が慣れるまで彼のLINEの練習相手だと思ってゆっくり対応してみてあげてください。慣れてくれば頻度も上がってくるかもしれません。

返信内容を悩んでいるうちに遅れてしまう

真面目な彼は、あなたの一言に真摯に向かい合いすぎて返信に悩んでしまっているのかもしれませんね。そんな真面目な彼には一つ返信するのにも悩んで迷ってしまうものかもしれません。「気楽に返信してね!」と言っても彼にとっては大切に思っているがゆえに傷つけてしまいたくないと思ってしまう彼なりの「優しさ」なのかもしれないですね。

返信に困るような内容

あまりにネガティブな内容や、日記のような内容にはどのように返信したらよいか迷ってしまうパターンだと思います。軽い愚痴程度であれば良いかもしれませんが、人の悪口などは返信に困ってしまうパターンだと思います。あなたが彼に心を許すのは構いませんが彼はあなたの所有物ではありません。

純粋に忙しい

彼は仕事が純粋に忙しいだけかもしれません。そのため返信が遅れたり、忘れてしまっている可能性もあります。だからと言って責めないで上げてください。彼もあなたのことを大切に思っているのでしょうが、あなたを将来結婚などを考えたときに経済的に「守る」ために仕事をしているということを忘れないでください。あなたも、重くならない程度の「仕事頑張ってね」や「返信は無理にしなくてもいいよ」などと優しく見守るようにしてください。

非常識な時間帯に送信していませんか?

真夜中や明らかに彼の労働時間中にLINEを送っていないでしょうか?そんな時には彼も返信のしようがないですし、まず非常識です。彼にも彼の生活のリズムがあります。そのリズムを崩させないような、良識のあるLINEにしましょう。

以上のようにちょっとした考え方のズレでLINEの返信が来ない理由があるのだと思います。LINEがコミュニケーションツールの全てではありません。会うのが難しい遠距離恋愛だとしても電話やSkypeなどの手段もあると思います。さまざまなツールを使って彼との時間を大切に、すこしでも濃厚にしてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする